酸素を吸収して元気な身体に【エア健康方法】

多種多様な使い方

トレーニングの先生

さまざまな活用方法があります。

温熱療法はがんの治療や美容に幅広く使われています。がんの治療に有効とされる理由は、がん細胞は熱に弱いというところです。通常、人間の細胞は42.5度以下であれば死滅することはありません。しかし、熱することで、細胞は死滅します。通常の健康な細胞であれば、血流が良くなるなどの熱に耐えられる仕組みですが、がん細胞はそうではないため、温熱療法はがん治療に有用とされています。また、美容業界でも多く温熱療法は取り入れられています。特に女性に多くみられる、冷え性の改善や肩こり、腰痛などにも使用されています。冷えを温熱療法で改善することによって、目の下のクマやほうれい線などを改善したり、むくみの改善にもつながります。さまざまな、活用法があるのが温熱療法なのです。

定期的に通院することでより効果が生まれます。

温熱療法は専門の治療院や美容やエステのサロンで受けられます。温熱療法は一度ではなかなな効果が分かりずらいものですが、何回か行うことで、効果がみえてきます。特に、冷えの改善などは、根本的な体質改善へとつながるため、施術を習慣化することで、よりその効果を感じられます。また、がんの治療に関しても、一回では細胞の死滅が期待できない場合は数回繰り返すことで、より有用性がでます。がんの治療に使用する温熱療法は病院やクリニックによって、費用がまちまちであり、保険適用の場合とそうでない場合があるため、予め確認をしておくことをお勧めします。また、多くの病院が日帰りでの施術をしてくれるので、こちらも精神的な負担が少ないのが特徴です。温熱療法を上手に活用して、健康や美容を維持しましょう。