費用や形態の違いをチェック!効果的な電話代行サービスの利用

費用や形態の違いをチェック!効果的な電話代行サービスの利用

通話

電話代行を依頼する際に必要となる費用

電話代行サービスを利用するときには、毎月費用がかかってくるのですが業者によっては初期費用や保証金が必要になってきます。初期費用や入会金といった名目で業者によっては10,000円から15,000円の費用や、保証金として5,000円前後の費用がかかることもあります。ただし保証金に関しては解約時に返金されます。初期費用が無料というところも多いのですが、それだけで業者を決めるのは危険です。基本プランやサービス内容をよく比較した上で決めるようにしましょう。

男性

電話営業を依頼することが可能!

電話代行業者によっては電話営業を依頼することも可能です。社員に代わって顧客や指定された連絡先に営業電話をかけてもらうこともできるため、営業スタッフの人件費削減や時間の有効活用にもつながります。ただし電話営業に関しては多くの電話代行業者で基本プランに含まれていないことが多く、オプションでも対応していないことも少なくありません。また電話営業に関しては電話応対以外にも専門の教育が必要になりますので、電話営業を依頼する場合は専門のテレマーケティング代行会社に依頼したほうがよい場合もあります。

電話

対応品質が高い電話代行業者に依頼することのメリット

電話代行業者によって対応の質に大きな差があります。質の良い業者に依頼することで得られるメリットは顧客や得意先、新規のお客様に対しても高い好感度と安心感を与えられることです。優良業者は自社のスタッフ教育にも力を入れており、優秀な電話対応スタッフが在籍していると考えられます。そのためスタッフの対応力も高く、場面に応じた適切な対応がその都度できるようになっています。それが企業イメージアップや業績アップにもつながります。

アウトバウンドとインバウンドの違い

お客様にこちらからアプローチするアウトバウンド

既存のお客様へのアフタフォロー、お客様への営業電話、商品やサービスに関連するアンケートの実施などお客様に電話をかけるのがアウトバウンドです。

お客様からの電話を受けるインバウンド

担当者や部署あてにかかってきた電話など、会社にかかってきた電話を受けるのがインバウンド業務になります。

広告募集中