酸素を吸収して元気な身体に【エア健康方法】

冷えは良くない問題

ブルーベリーのヨーグルト

体の冷えのいろいろな障害

冷えは万病の元とよく言われますが、実は冷えは体の色々な場所に悪影響を与えることが判っています。たとえば、身体が冷えてしまうと、血管が縮んで血液の流れが悪くなってしまいます。その結果、基礎代謝量が急激に落ちてしまいます。なので、女性は、太りやすい体になります。その他にも、冷えで体温が1度下がると、体の免疫力が30パーセントも低下します。なので、風邪やインフルエンザになりやすいです。その他にも、うつなどメンタル面にも大きく影響します。その他にも、冷えによってお肌に栄養や酸素が十分届かなくなります。そのため、肌のターンオーバーの乱れを引き起こし、肌荒れが起こります。また、老廃物がたまることでニキビ、くすみなどのトラブルも起こります。このような冷えによるトラブルを防ぐには、温熱療法が必要です。

自分で行う温熱療法のやり方

体の冷えを防ぐには、温熱療法が有効とされています。この温熱療法とは、一般的に体を芯から温める自然健康法のことです。温熱療法は、自宅で簡単に行えます。その方法とは、半身浴をすることです。半身浴とは、40度ほどのぬるめのお風呂に下半身を浸ける入浴法です。じっくりと下半身を温められるので、全身がポカポカになります。なかには、全身浴でも効果があると勘違いされる方が多いです。ですが、全身浴をすると、まずは上半身が先に温まってしまいます。そのため、冷えやすい足先を効果的に温められません。なので、絶対に半身浴を行なう必要があります。半身浴のコツは、お湯がぬるく感じてきたら追い焚きを行なうことです。きちんとお湯を温かくすることで、体の血流が良くなって効果的に温まります。